金欠のときのアルバイト

大学生の金銭事情|金欠のときに選ぶアルバイトは?

お金がないとき

『ヤバイ、金欠ダッ!』そんなときは… ⇒ 即日・即金のバイトです!

※お金がなかったら、スグできる・すぐお金になるバイトを探そう!

 

いまの大学生たちは、昔ほど親からの仕送りや小遣いに期待できない状況です。
金銭的にきびしい生活を強いられていて、あまり余裕はないようです。

 

そこで、アルバイトで収入をカバーしている人が約6割、奨学金支給を受けている学生も3割。自宅学生と下宿生の合計で、平均7万円程度のお金で生活しています。なかでもアルバイト収入が、生活の上で大きなウェイトを占めています。

 

金欠になったときは、短期のアルバイトでしのぐ

そのような大学生の金銭事情の中、「金欠」(お金がない)になったとき、どう切り抜けるか?

 

貯金を切り崩すか、短期バイトを探して働くのがほとんど。急場をしのぐためには、すぐにできて早めにお金が手に入る短期バイトで金欠を乗り越える学生が多いようです。

 

短期のアルバイトでは、時給がよく働く時間など融通のきく職業に人気が集まります。ポイントは、給料日の都合がいいこと、日払いや週払いなど支払いサイクルが短いことが大学生の金欠対策になってるようです。

 

ちなみに、お金が足りなくなる理由としては、飲み会や外食、衣類や化粧品の出費、旅行やレジャー資金が負担となっているとか。

 

 

アルバイトを始めるには障害もある?

このように、大学生活とアルバイトは切っても切れない関係です。

 

履歴書・面接

ただ、アルバイトを始めるにも障害となることがあるようです。例えば、履歴書や証明写真のコストや時間、面接や説明会参加のための交通費などの出費など。

さらに、応募する際の電話連絡、面接日のスケジュール調整、面接のプレッシャーなど、面倒だな嫌だな、と感じる不安がアルバイトの障害になっているようです。

 

その点からも、応募の際の手間が省け、比較的気軽にできる短期のアルバイトに人気があるのも納得できます。

 

普段の生活費の余裕にレギュラーのアルバイト、金欠の緊急時には短期のバイトと、うまく付き合っていきたいものです。