バイト体験談(日払い・即日・単発)

大学生のバイト体験と生の感想

川崎のカラオケ店でのアルバイト

 

私は神奈川県川崎市のカラオケ店で大学時代にアルバイトをしていました。地方出身者で横浜のはずれにアパートを借りていたらかです。仕事内容はフロントでお客様を部屋に案内したり、会計業務をする他にキッチンでドリンクや料理を作ったりもしていました。特に難しかったのはフロントでの会計業務です。働いていたカラオケ店では昼間と夜間で料金が変わるので、料金が変わる時間帯に入店していた方達は昼間の料金と夜間の料金が混ざるので計算が複雑になります。この計算に慣れるまで多少時間がかかりました。ただ、全体的にやりがいがあり、仲間も良い人ばかりだったので働いて良かったと思っています。(26歳/設計事務所/横浜市神奈川区)


 

横浜市の居酒屋でキッチン初体験

 

私のバイト体験は、大学生の時に横浜市内にある居酒屋が思い出されます。初めはホールで申し込んだのですが、開店前の仕込みを手伝っているうち、キッチン(厨房)のチーフになっていました。キッチンでの仕事は主にお客様が注文した料理を調理することです。その居酒屋はチェーン店でしたが、メニューの数が多く作り方をすべて覚えるまでに時間がかかりました。また、盛り付けをしっかりとメニューの写真通りにすることを心掛けました。慣れてくると素早く料理を提供できるようになり、他のアルバイトの方達と楽しみながら仕事をすることが出来るようになりました。(30歳/家電メーカー/瀬谷区)


冬の引越しアルバイトの体験談(年末年始)

冬休みや年末年始にもおすすめ・引越しバイト

 

私は冬場に数日間だけ単発で引越しのバイトを体験した。大学生のころだから体力は有り余っていたし、寒さも余り気にならないからです。

 

それと、年末までにお金が必要だったから・・・数回の勤務で5万円くらい稼ぎたいと思ったら、当時はやっぱ引越しが一番でした。

 

そうはいっても引越しスタッフは初めてで、あまり重い荷物を運送する事に慣れていなかった。それで荷物を運送する作業にとても苦労した記憶があります。

 

階段を登る際に重い荷物を二人で運ぶ事が特に苦労しました。力だけの問題でなく、コンビネーションも重要でした。
それと時間が決まっているのでなかなか休みが取れないので、喉が渇いている状態を我慢しているのが意外ときつかった。

 

引越しの仕事は一日当たりの依頼する量によって仕事量が変わりましたが、特に依頼する量が多い時は、作業が終了するまで引越しのアルバイトの仕事が終わらなかった事も苦労しました。

 

それに、年末年始にこんなに引越しする人が多いのにもビックリ。想像したより忙しくて、お陰でお給料は予想よりお多い収入になり、冬のうれしいボーナスになりました。冬休みの学生バイトにおすすめと思います。


※大学生の冬休みバイトで、短期単発なら『引越し』がおすすめ。年末年始なども意外と引越しが多く求人も大募集中!高収入で年末年始のおこづかい稼ぎにピッタリです。

 

大学生の冬休みバイト体験(年賀状・配達)

大学生になって、すぐにアルバイトしました。

 

大学1年のときは、年賀状や郵便物の配達を体験しました。

 

当時は景気がよかったので、バイトしないと損な感じでしたから。その他にも、長い休みはアルバイトを入れることが多かったです。サークルも休眠状態だったので、大学生というより、ほぼアルバイターでしたっ。。

 

1年生の時の冬休みは、年末年始の2週間くらいで、郵便局の配達をしました。郵便配達は高校生のアルバイトっぽいけど、ちゃんと大学生とかたまに社会人もいます。

 

年末の間は、お歳暮とかのギフト(ゆうパック)の仕分けの軽作業と、手が空いたら年賀状の地域区分けの手伝いです。単純作業のようでそうでもない、っていうか忙しいので一生懸命でしたよ(・へ・)


 

※郵便局は高校生だけじゃない!年賀状・ゆうパックの内勤・外勤を募集中ですよ!